*

2016年2月

資格は、あればあるだけ良いはずです。

「100の資格を持つ女」というドラマが放送されていて、そのユニークで魅力的なタイトルに惹かれ少々拝見したのです。とは言ってもやっぱりドラマの世界の話。

 

実際100の資格を取得するのには、一体どれほどのエネルギーと時間、費用を消費するのだろうと考えてしまいました。いわゆる資格の勉強の事です。

 

資格って聞くと、どうしても勉強というイメージがある。最低限家庭教師でもできるくらいの勉強レベルは学生時代に真面目にやってくれば良かったなと最近になって思うことがありますが、勉強が出来て資格という知識があればあるほど自身の進む道が有利に開かれていくのは間違いないはず。

 

ドラマの中のヒロインは、人間的にも愛嬌のある人物だから観ていて楽しいです。

 

山程持っている資格も、それを活かせるだけの人間力があるからこそ輝く(武器になる)のかもしれないと思ったのでした。